整形外科の病気

骨密度測定:骨の健康を知る第一歩

友だち追加

みなさま、こんにちは。

当院では、骨の健康状態を確認するため、DEXAスキャンを導入しております。この記事では、DEXAスキャンについての基本的な情報とその重要性についてご紹介いたします。骨の健康を守るために、ぜひご一読ください。

DEXAスキャンとは: DEXAスキャンは、骨の密度を非侵襲的に測定するための画像診断技術です。Dual-Energy X-ray Absorptiometry(DEXA)という技術を用いて、骨密度を詳細に解析します。当院のDEXAスキャンでは、骨折しやすい腰椎と大腿骨頸部(股関節)の骨密度を測定することで、より正確な診断が可能です。

なぜ骨密度測定が重要なのか: 骨密度の低下は、骨折のリスクと深く関連しています。年齢とともに骨が弱くなる「骨粗鬆症」は、骨折の主要な原因の一つです。特に女性は閉経を迎える50歳前後から骨密度の低下が始まります。

DEXAスキャンに加え、血液検査で骨の代謝状況を確認することにより(骨代謝マーカー)、骨密度・代謝の低下を早期に発見し、適切な予防や治療を行うことができます。

また、定期的に検査を行うことにより、治療の効果を判定し適切な治療を選択することができます。

まとめ: 骨密度測定(DEXAスキャン)は、骨の健康を守るための重要な手段です。骨粗鬆症の早期発見と適切な対処によって、骨折のリスクを軽減することができます。詳細については、お気軽にお問い合わせください。

日吉かもめ内科・整形外科クリニック 副院長 藤崎 真理

関連記事

最近の記事

  1. 2023年、皆様のご愛顧に感謝申し上げます

  2. 最近の当院について 日々の雑感

  3. 秋の花粉症~View39アレルギー検査について

カテゴリー